【OUTLET】intime 碧 -SORA-「Antique」

  • 3,000円(内税・送料込み)

  • 櫻木
  • 10代以下
  • 男性
  • 2018/12/20 22:23:27
  • 一つは持っておきたいイヤホン
  • 丁度一ヶ月前に煌を購入して、intimeを知りました。知ってからというもの、Twitterやブログ、ホームページ等々拝見させていただいておりました。(普通順番は逆なのかもしれませんが)そこで碧を知り、それ以来気になっていました。intimeの看板商品で、かなり評判も高いようなので、かなり期待値高め、ハードル高めでのファーストインプレッションになります。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ↓聴いている環境(当方学生の為、あまりいい環境ではなく申し訳ないですが…)
    GalaxyS8(ONKYO HF PlayerでDSD変換の後ダイレクト転送)→FiiO Q1Mk.2→碧Antique
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    所々、煌と比較しながらレビューさせていただきます。価格帯的にも条件の違い(煌はバランスケーブルに変えてしまっている)的にも正常な比較ではないかもしれませんが、他に比較するイヤホンがないので…すみません。

    【パッケージ、付属品など】
    商品仕様にある程度書いてありますが、それでは伝わらないであろう部分を少し。

    ・パッケージ
    限定版ということもあり、かなり豪華に感じます。金色の『碧』が一味ちがうことを物語っています。

    ・イヤーピースS,M,L
    煌の方は僕の耳には合わなかったのでこちらはどうかと思いましたが、Mでジャストフィットでした。ここは人によるので、あまりレビューするところではないかもしれませんが…自分の耳にあったイヤーピースを使用するのが一番です。もし合わないと感じたら、自分が普段使っているイヤーピースに変えてみるといいと思います。

    ・ステッカー
    金色でかっこいいです。スノボの板にでも貼ろうかと思います。

    ・取扱説明書
    Antiqueの特徴でもある、無垢な真鍮の手入れ方法まで書いてくれていて大変ありがたかったです。(某S社の真鍮BA買ったときは説明など何一つありませんでした…)
    また、紙や印刷の質が煌とは違いかなりコストカットを図っているのがわかりました。それほどまでに音にコストを注いだ製品…そう感じることができる一面です。

    【装着感】
    ここもかなり個人差が出る部分ですが…
    僕の耳にはかなりすっぽり収まりました。煌より出ている部分が少ないので、寝ホンにも良いかと。また、角が立っていないので当たる部分なども特にありませんでした。

    【外観】
    ・本体
    真鍮の綺麗な色です。とてもアウトレット価格3000円で買わさせていただいたとは思えない高級感を放っています。覗くと自分が見えるほど光ってます。真鍮製のイヤホンは段々渋い色へと変わっていくので、今から楽しみです。

    ・ケーブル
    LRに分離したあとが少し細いので今から断線が心配になっています。大切に使おうと思います。
    細かい溝の加工があり、絡みにくくなっています。しかし、この加工の欠点として歩いているときのタッチノイズが大きくなる場合があるというものがあります。僕はあまり気にしませんが、気になる方は注意が必要かもしれません。

    【音質】
    自宅ではモニターヘッドホンを愛用していることもあり、少し高音が刺さるフラットな音が好きです。逆に、どっぷりと低音のみが強調された音は苦手です。それを踏まえた上で。

    そんな僕でも十分に受け入れられる自然な音が鳴っています。この価格帯では大変に珍しいことだと思います。大体のイヤホンは低音をブーストして高音域をごまかす傾向にあるからです。

    しかし、この製品は違います。intimeらしく、高音をのびのびと再生しています。流石に煌の突き抜けるどこまでも広がるような高音ではありませんが、十分な透明度です。逆に言えば、ほとんど高音が耳に刺さらないので万人向けと言えるでしょう。

    低音も、出ていないということはありません。ウーファーで別で出しているお陰でしょう、フラット好きな僕には十分な量が出ています。少し足りない場合には、BASSBOOSTしても応えてくれます。煌はBASSBOOSTしてしまうと完成されたバランスを崩してしまう印象を受けたのですが、碧ではそんなことはありません。僕はしませんが、低音がもう少しほしい方はこれで常用してもいいかもしれません。この価格帯にありがちな、BASSBOOSTすると引っ張られて高音が出にくくなってしまうようなことはありません。VST+ウーファーで役割を分けているお陰だと思います。(素人思考なので間違えてたらごめんなさい)

    …高音が魅力なのですが、説明的には低音のほうが量が多くなってしまいました。しかし、それほどまでにイコライザに応えられるというのは素晴らしいことだと思います。

    【総評】
    僕はアウトレット価格3000円で買わさせていただきましたが、5000円でも十分にコスパの高いイヤホンのように感じました。イヤホンというのは事故が多いもので、一万円台や二万円台のイヤホンをなくしたときのお財布と心へのダメージはかなりのものです。
    そんなドジだけど、耳は透明感高いフラット好みな欲張りな方にはジャストフィットだと思います。もちろん、なくさないのが一番ですが…

    そうでなくとも、ハイレゾ対応のスマホやDAPを持っているけどイヤホンは付属のものを使っている方の入門機としても十分におすすめできると思います。癖がないことが癖というのも変な話ですが、他のイヤホンへ移行する際の基準点にしても申し分ない音を持っています。とりあえずいい音を聴きたいけどどれを買えばいいかわからない方の耳慣らしの一本としてもいいと思います。


    ここまでダラダラと書きましたが、本当にいいイヤホンです!
    もっと言えば、intimeは本当にいいメーカーです!
    ぜひ買って聴いてみてください。音への評価基準が変わるはずです。
  • ショップからのコメント
  • レビューありがとうございます。かなり細かく書いていただき、さらにそれらが全て開発者の意図したもの一致する点は凄いと思いました。Antiqueは弊社の最初の限定品ということで、瞬く間に完売してしまった人気製品です。ご指摘のようにやや線材が細く不安になられる面もございますが、まずは大事にお使い頂き、何かあれば弊社までご相談ください。弊社はカスタマーサービスでもお客様に胸を張れる企業になりたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。(2018/12/21 01:19:10)
  • slow
  • 40代
  • 男性
  • 2018/12/20 20:16:33
  • 刻の流れを楽しめるイヤホン
  • 碧antiqueは、剥き出しの真鍮筐体が非常に美しいイヤホンです。

    音については、塗装の違いによるノーマルの碧と比較をしたかったのですが、エージング時間の違いによる音の変化により、碧と碧antiqueとの差異はわかりませんでした。

    特に高音域はエージングが進むと変化を感じます。高音域は、クッキリした輪郭を持ちつつも刺さる事なく伸びていきます。
    ボーカルは厚みもあり、艶やかな歌声を届けてくれますし、そのバックで演奏される楽器の数々も分離感も良く、しっかり届けてくれます。オーケストラのような楽曲とも相性が良いと感じています。
    低域も締まった速度感のあるもので、伸びやかな高音域と厚みのあるボーカルとのバランスも良いと思います。

    冒頭にも書きましたが、antiqueの魅力は音だけでなく、使い込む事で変化していくその外観にもあります。通常であればキズやサビはマイナス要素になりますが、このイヤホンに関してはそれも自分と共に刻を重ねた年輪のような味になるのです。
    永く大切に刻を重ねていける稀有なイヤホンだと思います。
  • ショップからのコメント
  • レビューありがとうございます。Aantiqueにもしも命があったとしたら、このレビューを見て涙を流して喜んだと思います。刻を一緒に重ねるという表現はとてもステキな言葉だと思います。これからも大事に使ってやってください。(2018/12/21 01:23:44)

【製品仕様】

形式 カナル型
ドライバー ハイブリッド型Φ10mmダイナミック型+VST
再生周波数 10〜40kHz
感度 100dB/1mW
インピーダンス 22Ω
ケーブル長さ 約1.2m
付属品 イヤピース(S、M、L)1 ペア/本革製コードリール/ブランドステッカー/取り扱い説明書