【Outlet】intime碧Light 2019Edition アクアマリン

  • 3,000円(内税・送料込み)

レビューを見る


レビューを投稿する

【アウトレット品】
パッケージに傷などが付いた製品でお店やお客様から返品された未使用品です。
イヤホン自体の品質には問題がなく、傷や折り目のあるパッケージで発送させていただくため、お手頃な価格で販売いたします。

【主な仕様】
・形式:カナル型 ・ドライバーユニット:ハイブリッド型2Way(VST+φ10mmダイナミック)
・再生周波数:20〜40kHz
・感度:102dB/mW
・インピーダンス:22Ω
・プラグ:3.5mmステレオプラグ
・イヤピース:アコースチューン社(AET07)S,M-,M+,L
・取扱説明書

【注意事項】
・セラミックツイータは、一部の再生機で稀に発振することがあります。その場合は、再生機を交換してください。
・金属アレルギーの方や、その恐れがある方は使用しないでください。
・本製品は機密性が高いため、耳に装着したさいウーハーの動く音が聞こえることがありますが、品質に影響はありません。
・製品の色調、使用は予告なく変更されることがあります。

【保証について】
・取扱説明書には保証期間1年と記載されていますが、アウトレット品のためご購入後6ヶ月とさせて頂きます。

  • null
  • 30代
  • 男性
  • 2020/08/03 12:43:14
カジュアルに使いやすいイヤホンです
既に碧2やTi3を持っていますが、ベッドで寝転びながらダラダラと音楽を聴く用途に上位のモデルを使いたくなかったので追加で購入しました。

このイヤホンは「カジュアルに聴く」事を楽しめるイヤホンです。耳へのフィット感・物理的な軽さ・(スマートフォン等を含む)どんな端末でもそこそこ鳴る守備範囲の広さ・お値段の全てがお手軽なので、音はTi3の方が良いと分かっていても気軽さから碧Lightを選ぶ事も頻繁にあります。Ti3では私の耳の形状や重さ等が相まって歩いていると頻繁に音がボケるのに対して、碧Lightは常時適切に鳴ってくれるのも好感触です。

その一方で、より良い音で鳴らしてみたいという希望にも応えるポテンシャルを持ったイヤホンでもあります。スマートフォンから専用のDAC、DAPに乗り換えると、同じ曲を聴いている筈なのに低音から高音まで満遍なく鳴りが良くなるという体験が楽しめます。購入後はmicroSDに好きな曲を入れて、家電店で上位のプレイヤーで試聴してみてください。

音質は定価でも同価格帯の他社製品よりも頭一つ抜きん出ていますし、アウトレットで3000円は本当に破格です。同社最上位のTi3と比較すると低音の鳴りや音場の広さで劣りますが、定価で5倍以上の差があることを思えば仕方がないでしょう。寧ろ碧Lightの得意な表現ではTi3に肉薄している事に驚きました。

総じて、お値段以上の満足感が得られました。ありがとうございます。

追伸:
碧Light 4.4mm径の再販か、intime-X素材の新製品での4.4mm径の販売をお願いします…!
ショップからのコメント
お買い上げならびにレビューをありがとうございます。カジュアルにお使い頂けるイヤホンという表現は「良い音を日常に」という開発コンセプトを持つ製品にぴったりのレビューであると思っております。またご記載頂きましたように弊社の積層型セラミックツイータは通常の単層セラミックツイータに比べて振動エネルギーは20dBほど大きくなっています。そのためハイパワーのアンプでドライブされると更にツイータの良さがわかってもらえると思います。4.4mmバランス系販売希望の件、お受けしました。販売出来るように頑張ります!(2020/08/03 17:35:12)
  • 隙自語
  • 50代
  • 男性
  • 2020/07/04 16:06:20
お安く試せてありがたいです
intime製品はこれが初めてで、今後また買うかどうかの判断材料としてアウトレットを試しました。

金属音の響きが独特、全体に繊細、情報量は多く、意外にも低音がしっかり聞こえます。装着感は良好。筐体の透明パーツはもう少し濃い目のアクアマリンの方が好みです。

細かい問題点を挙げると、ケーブルの付け根(筐体の根本)にもう数ミリ程度の補強が欲しいと思いました。あの丸い筒状の小さい筐体だけをつまんで耳から外す人は少ないと思います。ケーブルの付け根辺りをつまんで引っ張ることで断線のリスクが確実に上がります。知人が旧モデルを断線させたと聞きましたがその原因も恐らくケーブル付け根の補強がほぼなかったことだと思います。

もう一点、旧モデルから改善されたというケーブルもまだタッチノイズが大きいと思います。最近数本買ったイヤホンと比べても碧Light2019のケーブルが一番タッチノイズを発生させます。いっそ、イヤーフックを標準添付してシュアがけを推奨した方がいいかも知れません。

Twitterで話題のintime-Xが正式に商品化されたら買ってみます。
ショップからのコメント
お買い上げならびにレビューをありがとうございます。また個別のご指摘も今後の弊社の開発に活用させて頂きます。イヤフックはすでにSORA2では同梱させて頂いておりますので、SORA-Lightへの展開も検討したいと思います。intimeーXに関しましてはあくまでも材料の検証用モニターとして販売させて頂きましたので、あの新材料を別の応用製品として製品化する予定ですので、その際にも是非ご検討頂ければ幸いです。(2020/07/09 09:46:45)