intime 碧 antique-Balanced4.4

  • 6,900円(内税・送料込み)

レビューを見る


レビューを投稿する

「数量限定品・売り切れ次第終了」

【intime碧antique-Balanced4.4の特長】

1. 初代intime碧のドライバユニットをそのまま採用
現在は生産終了となっている初代intime碧のもつ音色をできるだけ再現するようにドライバユニットは従来通り独自開発の積層型セラミックツイータVSTとオリジナルの10mmΦのダイナミックドライバを同軸構成にて採用しています。
中高域の音の伸びは碧のオリジナルの音を大切にしています。


2. リア空間をわずかに拡張した無垢の真鍮筐体を採用
以前数量限定で販売された碧antiqueと同じく、イヤホンの音響に適した真鍮部材を筐体に使用することで、深く鮮明な音を実現しました。
無垢の真鍮を使用しているため長くお使いいただくことで味のある色への変化をお楽しみいただけます。
またそのリア筐体の空間を従来筐体よりもわずかに拡張いたしました。これによりダイナミックスピーカの動きがなめらかになりより音場に広がりが増してきます。


3. ハイブリッド型のケーブルを採用
バランス接続にすることで音の定位が左右に広がりすぎることを防止するために、「intime碧Light Balanced2.5」「intime碧Balanced4.4」「intime碧-Ti3」の開発時に培った技術をベースに日本ディックス社様との協業でハイブリッド型のケーブルを採用しました。
本製品では贅沢にもTi3と同様のケーブルの芯材(HOT側にOFC+銀コート、COLD側にOFC)を用いました。
その結果、碧らしい中高域の抜けの良さはそのままに低域の解像度、臨場感、音の分離感が向上しています。


4.イヤピースはSpinfitのCP140を採用
イヤピースにより中高域の周波数特性が変わってきます。
今回はSpinfitのCP140を採用したことにより、カナル型でありながら開放型に近い開放感を獲得しました。


5.intime碧antique-Balanced4.4の主な仕様
形式:ハイレゾ対応カナル型イヤホン
筐体:真鍮(無垢)
ドライバー:ハイブリッド型Φ10mmダイナミックスピーカ+VST
音圧レベル:100dB/mW
再生周波数帯域:10Hz〜40kHz
インピーダンス:22Ω
ケーブル:NDIC社製 ハイブリッドケーブル 4.4mmステレオプラグ/1.2m
イヤピース:SpinfitCP140 S,M,L
付属品:取り扱い説明書、本革コードリール、イヤーフック

【保証について】
・ご購入から1年間。

■ささやかなお願い
購入された方は、できるだけ弊社通販サイトでレビューを投稿して頂けると、また次の限定品を作るスタッフのモチベーションにつながりますのでよろしくお願いいたします。

  • MR
  • 20代
  • 男性
  • 2020/05/28 18:33:11
音も見た目も楽しめるイヤホン
あまりレビューというものをしたことがないので、稚拙な文章かもしれませんが...
限定品ということですぐに飛びつき購入しました。届いて1週間と少し経ちました。エージングも済んできたかなと思うので投稿します。

まず目を引くのは金色の真鍮筐体。これを見ただけで買ってよかったと思ってしまいます。
次に音に関して。端的に表すなら、音場が広く、高音の伸びが素晴らしいと言ったところでしょうか。特に私は音の響きが好きです。筐体の材質に由来しているのでしょうか。
低音は私の聴覚では控えめに聞こえましたが、弱いわけではなく、はっきりくっきりと心地よい低音です。
碧Ti3-Balanced 4.4を所持していますが、曲や気分によって使い分けしようと思っています。

音に関しては満足しているのですが、一つだけ。装着感について。
使いはじめの頃、私の場合、1時間ほど装着していると、耳の下部分が痛くなってしまいます。おそらく、ステム根元部分がTi3と比べ長く、筐体が耳の外へ出てしまい、真鍮製の重さも相まって耳への負担が生じてしまっているのではないかと思います。現在はシュア掛けをすることですこし低減されました。ただあまりシュア掛けは好みではないので、通常の耳掛けでも痛くならないような装着位置とイヤピ探しをしています。

経年による見た目の変化を楽しみつつ、長く大事に使っていこうと思います。
大変な時期ですが、これからも新製品や企画など期待しています!
長々と失礼しました。
ショップからのコメント
お買い上げならびにレビューをありがとうございます。本製品は世界に8台しか無い希少品ですので、色の変化も含めてお楽しみくださいね。音の方は開発者の思惑通りに感じて頂いたようで光栄です。重さに関しては弊社でも課題の一つとして考えております。現在、新しい材料の開発を進めております。合わせて弊社のブログをご覧頂ければ開発の方向性などもご理解頂けると思いますので、お暇時にどうぞ。
今後も「良い音を日常に」「面白いほうのイヤホンメーカ」というコンセプトの元、より良い製品作りに取り組んで参りますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。(2020/05/29 12:52:04)
  • ぷっすん
  • 30代
  • 男性
  • 2020/05/22 22:36:01
真鍮製の渋い万能機
届いてから3日ほど経ちました。使い始めて間もないですが、レビューさせていただきます。

箱を開けると金色に輝くイヤホンが…渋い。手で持つと大きさの割にズッシリとしています。さすが真鍮製といったところでしょうか。使い込むうちに表面が変色していくとの事で、どのように変化していくか楽しみです。(この輝きを維持したい思いも拭えませんが

次に音質
私がこのイヤホンに持った印象は『広いサウンドステージと高音の伸びが美しい、艶のある万能機』でしょうか。全帯域しっかり出ていますが、その中でも高音の伸びが印象的です。高音は刺さる事なく、しっかりと伸びていきます。そのせいかサウンドステージも広く、窮屈感は全くありません。
低音も碧−Ballanced4.4と比べ強く感じました。広がりの感じる低音ですが、ボワつき等はなくベースやバスドラム等を気持ち良く聴けます。
こうして書くとドンシャリに聞こえるかもしれませんが、ボーカル等も近くしっかり聴こえます。この事からドンシャリとは違う、まさに万能機ではないかと個人的には思いました。

碧−Ballanced4.4やTi3とも比較してみましたが、聴こえ方が全然違いますね。それぞれ性格があり、ここまで変わるのかと驚いています。
これからも商品展開や企画等、楽しみにしております。
ショップからのコメント
ご無沙汰しています。新型コロナウイルス対策のため、なかなかASSYミーティングも開催できず恐縮です。今回のantique-Balanced4.4は自粛によるみなさんのストレスを少しでも解消したくて作った肝いりのレア品です。真鍮の無垢材は取扱は難しいですが、音は非常に良い響きをしてくれますのでレビューの内容は的を得られているように思います。弊社イヤホンは価格別に音にランクがあるというのではなく、それぞれのイヤホンに個性があることが特徴かと思いますのでantique-Balanced4.4の個性をお楽しみくださいね。(2020/05/25 11:09:36)