【まかなイヤホン】intime碧 Balanced2.5

  • 5,900円(内税・送料込み)

レビューを見る


レビューを投稿する

「数量限定品・売り切れ次第終了」

こちらの商品は2.5mmバランスプラグを採用しています。
通常のスマートフォン等ではご使用いただけませんのでご注意ください。

intime碧-Balanced2.5の特長

1. 初代intime碧のドライバユニットをそのまま採用
現在は生産終了となっている初代intime碧のもつ音色をできるだけ再現するようにドライバユニットは従来通り独自開発の積層型セラミックツイータVSTとオリジナルの10mmΦのダイナミックドライバを同軸構成にて採用しています。
中高域の音の伸びは碧のオリジナルの音を大切にしています。

2. リア空間をわずかに拡張した真鍮筐体を採用
全真鍮製の筐体を用いることでセラミックの持つ粗悪な振動を抑制し、まろやかでありながら深く鮮明な音を実現しました。
筐体にはクロムメッキを施すことで、傷などがつきにくくしています。
またそのリア筐体の空間を従来筐体よりもわずかに拡張いたしました。
これによりダイナミックスピーカの動きがなめらかになりより音場に広がりが増してきます。

3. ハイブリッド型のケーブルを採用
バランス接続にすることで音の定位が左右に広がりすぎることを防止するために、「intime碧Light Balanced2.5」「intime碧Balanced4.4」「intime碧-Ti3」の開発時に培った技術をベースに日本ディックス社様との協業でハイブリッド型のケーブルを採用しました。
本製品では贅沢にもTi3と同様のケーブルの芯材(HOT側にOFC+銀コート、COLD側にOFC)を用いました。
その結果、碧らしい中高域の抜けの良さはそのままに低域の解像度、臨場感、音の分離感が向上しています。

4.イヤピースはAcoustune AET07を採用
イヤピースにより中高域の周波数特性が変わってきます。
今回はAcoustuneのAET07を採用したことにより、全域にわたりクリアな音を再生してくれます。

5.intime碧Balanced2.5の主な仕様
形式:ハイレゾ対応カナル型イヤホン
筐体:真鍮(クロムメッキ加工)
ドライバー:ハイブリッド型Φ10mmダイナミックスピーカ+VST
音圧レベル:100dB/mW
再生周波数帯域:10Hz〜40kHz
インピーダンス:22Ω
ケーブル:日本ディックス社製 ハイブリッドケーブル 2.5mmバランスプラグ/1.2m
イヤピース:Acoustune AET07 S,M-,M,L
付属品:取り扱い説明書、本革コードリール、イヤーフック

【保証について】
・ご購入から1年間。

【ささやかなお願い】
購入された方は、できるだけ弊社通販サイトでレビューを投稿して頂けると、また次の限定品を作るスタッフのモチベーションにつながりますのでよろしくお願いいたします。

【注意事項】
本製品は「まかなイヤホン」のため、商品の発送時は簡易的なパッケージにて梱包をさせていただいております。
予めご了承ください。

  • いかくん
  • 男性
  • 2020/11/05 14:45:54
月並みですが、おどろきました
スマートフォンでのTWSにイマイチしっくりこず、Fiio BT3RKを購入したタイミングで偶然、バランス接続イヤホンを探すためにこちらのサイトで販売されているのを拝見して飛びつきました。
O2aidさんの製品は初めてなので、初代とか現行とかの違いは判りません。
今のところ、LDACでスマホと接続し、FLACデータやいくらかのストリーミングで音楽を聴いた程度ですが、すごく驚きました。
低音重視のズンズンと言う感じではないですが、この小さなイヤホンにもかかわらず低音がかなりしっかりしており、かといってその他の音域も犠牲になってない・・・という語彙力でしか私には説明できないのですが、他の手持ちのお高めの有線イヤホンと比べても明らかにより明瞭で、「きれいな音」で音楽が聴けています。
このように良い製品を安価に購入でき、大変満足しています。ほかの機種や高価な機種も今後、少しづつ買い足していこうと思っています。
ショップからのコメント
この度はお買い上げならびにレビューありがとうございます。初めての弊社製品ご購入ということですが、お褒めに預かりホッとしております。良い音を日常にが弊社のコンセプトであり、今後もそのコンセプトをブレることなく突き進めて行きたいと思っておりますので、引き続きご支援承れば幸いです。(2020/11/05 17:38:08)
  • ぺー
  • 40代
  • 男性
  • 2020/11/04 07:50:27
初まかなイヤホン
碧2でintimeさんを知り、ti3も購入していましたが初代の音に興味を持ち思わずポチッてしまいました。碧2の方がクリアでバランスが良い感じがしますが、初代の少し響くような音もとても魅力的でした。個人的に碧の筐体は耳の窪みに丁度収まり安定するので重さも全く気になりません。この響きが真鍮に由来するものであれば多少重くても残して行って欲しいなぁと勝手なことを考えてしまいました。これからもintime さんの製品を楽しみにしております。
ショップからのコメント
この度はお買い上げならびにレビューありがとうございます。真鍮の音の響きは独特で、チタンやステンレスとは違う趣がございます。その音の響き方はイヤホン愛好家のみなさんには強く指示を頂いておりますので、今後も採用していく予定ですのでご期待ください。(2020/11/04 09:11:59)
  • SG
  • 30代
  • 男性
  • 2020/11/03 21:12:23
初代碧のまかなイヤホン
初代碧はバランス含め持っていなかったため購入してみました。
高音のささりは若干強く、残響音も金属筐体ならではの長さです。
しかし、碧light balancedよりも全体的に繋がりがよく滑らかな音を出している気がします。VSTが初代と異なり材料特性改良版になったのか、リア筐体の拡張による効果なのか、はたまた元々初代の素性が良かったのかは分かりません。

開発の経過が見えてくる、まかなイヤホンは非常に面白く毎回楽しませてもらっています。
去年の12月は碧2がプレスリリースされたので今年も何かあるのかなと期待してしまいます。
ショップからのコメント
この度はお買い上げならびにレビューありがとうございます。本製品は碧Lightとはまた異なるオール真鍮の響きが特徴のイヤホンです。仰る通りにまかなイヤホンはある意味当社の技術の進歩や挑戦を繁栄したものです。御察しの12月、是非期待しててくださいね。(2020/11/03 21:40:15)