【ECサイト限定モデル】intime 雅

  • Φ3.5mmモデル 20,900(内税・送料込み)
    Φ4.4mmモデル 21,450(内税・送料込み)
    Φ2.5mmモデル 21,450(内税・送料込み)
プラグ
数量

※本製品には本製品には、Bluetooth機能ならびにマイク機能はついておりません。
ご注意くださいませ。

最近、不正な取引による事故が発生しております。
これら事故を防ぐために当社では初回お取引のお客さまに関しては製品の発送までに2、3日お時間を頂く場合がございますので、ご了承のほどお願いいたします。

レビューを見る


レビューを投稿する

【intime雅 開発の背景】

2017年に当社初のリケーブルイヤホンである「煌/轟」を発売以降、当社代表取締役・渡部嘉之が35年以上従事してきたセラミックデバイス開発の経験をイヤホンに活かした積層型セラミックツイータVST(Vertical Support Tweeter)2は当社のイヤホン技術の基軸として多くのユーザーの方々からご好評をいただきました。
すでにVST2はその低履歴特性の改善を進め、その進化はいよいよ第3世代へと移行し、より歪感の少ない当社ならではの中高域の音作りが全製品に定着しつつあります。
同ツイータを採用したラインナップとして先日「耀」を限定販売させて頂きましたが、昨今の音楽のトレンドにおいて低域〜高域まで全域にわたり解像度が高く、かつ見通しの良い良質の中高音の音源再生へのニーズが高まっていることを受け、intime煌/轟をベースに以下の技術的項目を取り入れてintime雅を開発いたしました。

【intime雅 技術の特徴】

真鍮筐体採用による奥深いサステインのある低音域の再生
管楽器などに多く用いられる真鍮はその美しい響きが特徴です。同素材をイヤホンに用いた場合、柔らかく暖かい音の響きを奏でてくれます。「雅」ではユニットを固定する筐体に無垢の真鍮材を用いて柔らかく奥深いサステインのある低音の再生を実現いたしました。
無垢の真鍮材は長年のご使用により徐々にその色合いがアンティーク調に変化いたします。ご愛用頂きながら益々愛着を感じることが出来ます。

第3世代VST2を採用して歪感の無い高域と広いサウンドステージの実現
開発からすでに4年が経過した当社独自のセラミックツイータVST2も第3世代の開発に至りました。
デュアルセラミックを採用してその音圧感度を維持したまま、セラミックの持つ履歴特性を最大限に抑え、例えば倍音豊かな歪感の少ないピアノ、サクソフォンの切れの良い音の跳躍の音色に第3世代VST2の良さを実感して頂けます。

グラフェンコートウーハーによる澄んだボーカルの再生
当社製品の「煌」「耀」「碧2」で採用して実績のあるグラフェンコートウーハーを採用いたしました。グラフェン材料はノーベル物理学賞を受賞したことでも有名な材料で、音の伝搬速度が速く軽量で硬度が高いため振動板の偏振動を抑制できることが特徴のウーハーです。
音質的には艶のある伸びやかな中高域が象徴的で、まるで耳元で歌ってくれているような生々しいボーカルや歯切れの良いストリングスの音の再生にグラフェンコートウーハーの特徴を感じて頂けます。

HDSS*を採用し全域に渡り歪感の少ない音の再生
「碧2」から採用しているHDSSデバイスはウーハー背面の気室の音響特性を整然とまとめあげる吸音デバイスです。
特にウーハーの振動板が持つ偏振動を抑制する効果があるため歪み感の少ない音作りに貢献します。
第3世代VST2と相まってウーハー、ツイータの両方のユニットで透き通った音色をお楽しみ頂けます。

日本の「匠」の成形技術を導入
射出成形では難しいと言われているべっ甲調の色を日本の成形職人の「匠」の技術により実現し、無垢の真鍮材との組み合わせにより「雅」の名に相応しいデザインに仕上げました。
また成形時に抽出される樹脂の混合色は二つとして同じものがありません。ユーザーだけのオンリーワンの所有感を味わって頂けます。

ε社ハンドメイドのオリジナルケーブル採用
ECサイト限定で当社オリジナルのMMCXリケーブル用ケーブルM奏(えむぞう)を採用しました。ホット側に高純度OFC、コールド側にAgコートを施したOFC芯材を用いることで、サウンドステージが広く解像度の高い音を実現しました。
プラグは2.5mm、4.4mmのバランス接続ステレオプラグと3.5mmのアンバランスステレオプラグを準備し、お客さまの幅広いニーズに対応しております。


【主な仕様】

形式 ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバー ハイブリッド型
Φ10mmダイナミックスピーカ+VST2+HDSS(R)
音圧レベル 100dB/mW
再生周波数帯域 20Hz 〜 50kHz
インピーダンス 22Ω
ケーブル 当社オリジナルイヤホン M奏(えむぞう)
MMCX対応2.5mm、3.5mm、4.4mm
ステレオハイブリッドケーブル(1.2m)
イヤピース スピンフィット(S、M、L)
付属品 本革製コードリール、イヤホンポーチ
  • ともぞ
  • 40代
  • 男性
  • 2023/01/05 21:30:10
生涯愛せるイヤホン
本日「雅」2号機が届きました。ひと段落ついて早速、iPhoneにifi audioのGo linkを挿して2号機の音出しをしました。初音出しという事もあり、1号機と比較すると本領発揮はこれからと言ったところでしょうか。なぜ同じイヤホンを2本も?と思うでしょう。生涯に渡って付き合っていきたいと思わせてくれたイヤホンだからです。代表モデルである「碧」やハイエンドモデルとなる「翔」は、今後もシリーズとして発展していくでしょう。しかし、「雅」が一つのシリーズとして発展していくかは不明です。だからこその2本なのです。願わくば、雅 2,3と続いて欲しいなと思う程に、雅に惚れ込んでいるからに他なりません。

各種楽器のリアリティな音色、ボーカルの表現力、臨場感溢れる響き、低域から高域までの絶妙なバランスの良さ、程よくやや落ち着きのある音質、デザイン等、どれをとってもフィットします。

最近は好んでジャズを聴くことが多く、そんなタイミングで1号機を入手し、見事にマッチ。そして、私がもっとも愛する今は亡き歌姫の本田美奈子さんの歌声に癒されたい時に、雅は心地良い歌声を届けてくれます(泣)。もちろん、これに限らず大体のジャンルの曲を(EDM系は厳しいかな)を楽しく聴かせてくれる懐の深い再生能力を持ち合わせているところも魅力です。例えば、私の好きなロックバンドの一つ、【Alexandros】も楽しく聴けます。ロックを聴く際の低音の質は、私の愛機の一つであるゼンハイザーIE300にも引けを取らない程の魅力があります。あと、「トップガン マーヴェリック」のメインタイトルとダークスターなんか最高です!

初めて雅を手にした時は不安定な装着感に戸惑いましたが、今や慣れたものです。イヤピースの傘はやや薄く柔らかいので、余程の痛みや圧迫感を感じないのであれば、ワンサイズ上のイヤピースの装着をおすすめします。そうする事で、適度な摩擦力で耳にグリップし、安定した装着感を得られるとともに、耳に蓋をする様な形となり、本来のクリアで心地よい響きを感じられる音を楽しめます。

長くなりましたが、「雅」愛が強いという事でお許しください(笑)大切に使わせていただきます。
ショップからのコメント
この度はお買い上げならびにレビューありがとうございます。開発者としてお褒めにあずかり光栄に思います。先日もポタフェスで参考出展させて頂きましたように雅はこの後Mark兇箸靴2月頃に登場する予定です。MMCXとPentaconn Earのいずれかをお選び頂けます上に、筐体をチタンに変更することで現行機種の良いところを残したまま解像度も上がっております。是非ご視聴頂ければ幸甚です。
今後もより良い製品作りに取り組んで参りますのでご支援のほどよろしくお願いいたします。(2023/01/06 00:48:31)
  • ともぞ
  • 40代
  • 男性
  • 2022/12/04 13:49:52
intimeに惚れました
装着感:優しく丁寧にねじ込んでいくと概ね良い感じに耳に収まります。ノズルがやや太いので最初は戸惑いましたがコツを掴んで慣れました。MSとMLサイズのイヤチップが追加されると嬉しいなと思います。

音質:純正のイヤチップ(Mサイズ)で聴いた場合、ややボーカルにフォーカスしつつも、ほぼフラット傾向の聴き疲れしない上品なサウンドに感じました。クリアでほんのりウォーム寄りのスッキリ明るめサウンドに感じます。そう、丁寧な音作り。はっきり言って好きです♪
ジャンルを問わず楽しめるとても魅力的なイヤホンです。

金色の鈍く輝く真鍮にべっ甲調の筐体は気品感漂い、所有感を満たしてくれます。ハンドメイドで高品質ながらも見た目が普通っぽいケーブルも良いです。

音質と真鍮がこれからどう育っていくのか楽しみです。大切に愛でていきたいです。
  • yasu
  • 50代
  • 男性
  • 2022/11/08 20:34:53
低音の大事さがわかる響き
自分はもともと、中音から高音重視の好みがあって最近のイヤホンでもその傾向が強いとは感じてましたが、雅を聞いた後 感覚が良い意味で変わりました。
とにかくバランスが良いのと低音が気持ちいいです。
なんというか、この低音があるから中高域がいきてくる感じの響きです。
最初からバランス4.4mm環境での使用ですが、おすすめです。
あと、確かに管楽器には合う音色かもしれません
特にサックスの音色は絶品でした。